台北ユニバいよいよ開幕へ スポーツの祭典 全市挙げ楽しもう

文章點閱:

_ 台北市観光伝播局寫真 _ 台北市観光伝播局、2017台北ユニバーシアード組織委員會、王能佑

周囲を海に囲まれた台灣の台北市に夏の足音が近づく中、間もなくこの國で過去最大級の國際スポーツ大會、2017台北ユニバーシアードが開幕します。自然に囲まれた台北の街に世界最高レベルのアスリートが一堂に會する今大會を心待ちにする市民の準備は萬端です。さあ、あなたもこのスポーツの祭典に參加してみませんか?

淡水河のほとりにある大稲埕ふ頭は、晝夜問わず美しい景色が広がり、古くから國內外の行楽客が訪れています。(寫真/王能佑)

淡水河のほとりにある大稲埕ふ頭は、晝夜問わず美しい景色が広がり、古くから國內外の行楽客が訪れています。(寫真/王能佑)(寫真/ 2017 台北ユニバーシアード組織委員會)

台北が

スポーツの街に様変わり

「ユニバーシティ(大學)」と「オリンピアード(オリンピック大會)」を組み合わせた名稱で呼ばれるユニバーシアードは、國際大學スポーツ連盟(FISU)主催の大學生アスリートによる國際総合競技會で、夏季大會と冬季大會がそれぞれ2年おきに異なる都市において開催されています。

安全な旅行環境、便利な交通網を備え、旅行者にやさしい市民が出迎える國際都市、台北は10年以上前からユニバーシアード開催に名乗りを挙げ続け、ついにその希望を葉えました。今回のユニバーシアードは台北にとって過去最大規模の國際スポーツ大會となりますが、大學生アスリートにとっても非常に重要な競技會で、世界から22競技7,000人を超える選手が參加する予定です。また同大會は選手のみならず、全市を挙げて開催に取り組んでおり、台北市は運動を市民のライフスタイルの一環とするスポーツ都市へと様変わりしています。

150カ國以上から
有力選手が集結

台北ユニバーシアードは今年8月に12日間、台北市だけでなく新北市、桃園市、新竹県、新竹市の5県市60カ所の會場で開催されます。必須競技14種、選択競技7種、公開競技1種が実施され、世界150カ國を超える國々から集まった選手たちが國籍やエスニック‧グループを超えて交流を深めます。なお新北市林口區の國民住宅(公営住宅)23棟が選手村として使用されますが、大會終了後は約3,300戸を備えた住宅として國民の居住に供されます。

台北市とユニバーシアードの知名度を向上させ、より多くの旅行者にこの友好的で多様な都市を訪れてもらえるよう、市政府は國際スポーツ記者協會(AIPS)、スポーツアコード國際會議、2016リオデジャネイロ五輪など國內外の大型スポーツ団體、イベントを通じて広報活動を展開しています。また選手同士の交流の際にも台北市やユニバーシアードに関する情報を伝えるよう努めているほか、アジアの主要都市でもPRを行っています。

海外のスポーツイベントや台北市のPR活動に加え、國內でもテレビ、ラジオ、刊行物、インターネット、屋外看板などを通じてユニバーシアードのイメージ広告を打ち出しています。さらに市職員を総動員しての広報活動により、市民にこのイベントを認知してもらい、積極的に參加するよう働きかけています。このほか、大會の広報大使、熊讃ブラボーも各種イベントに參加して大會をPRし、台灣黒熊(タイワンツキノワグマ)の保護の重要性について訴えてきました。

TAIPEI

訂閱本雜誌文章
TAIPEI 8期

延伸閱讀/ MORE ARTICLES

    暫無相關資訊!